• ホーム
  • まつ毛ダニがいるかもしれないと思ったら適切な治療をすれば大丈夫

まつ毛ダニがいるかもしれないと思ったら適切な治療をすれば大丈夫

2020年05月02日

まつ毛ダニというのは、一度繁殖してしまったら簡単に減らせるものではありません。そのため減らしたいと考えているのであれば、生活習慣に注意するなどの方法で少しずつ改善していくことが大切です。

例えば注意すべき生活習慣のポイントの1つに、クレンジングの問題があげられます。クレンジングをするときに、顔全体を一気に洗ってしまうという方も多いでしょう。ですが全体を一気に洗うのではなく、目元だけ先にクレンジングをするのも1つの手です。目元はマスカラやアイライナーなど、ほかの部位よりメイクで工夫している方も多くいます。そのため丁寧に洗うことで、十分に汚れを落とすことにつながります。メイクの成分が残っていると、まつ毛ダニが増えやすくなるので注意が必要です。さらにまつ毛ダニを減らすことを考えているなら、目を温めるというのもポイントの1つです。まつ毛の際にはマイボーム腺がありますが、眼球の表面に脂の膜を作って潤いを守る役割を担っています。しかし脂の膜ということで、冷えると固まって膜が作れずにまつ毛ダニの住処になることもあります。そのため蒸しタオルやお風呂などの方法で、目元を温めることも大切です。目元を温めることには、パソコンなどによる目の疲れを解消する効果も期待できます。

さらにダメージのケアを行うためには、メイクにも工夫することが大切です。まつ毛エクステや濃いアイメイクなどの場合には、まつ毛へのダメージが大きくなります。またまつ毛エクステをしている場合、取れないようにするために目元のメイクの汚れが十分に洗浄できないこともあります。濃いメイクも十分に汚れを落とすのが難しくなるので注意が必要です。実際にまつ毛ダニの治療をするうえで忘れてはいけないのが、すぐに改善するものではないという点です。1日だけ丁寧に洗顔をしたからといって、まつ毛ダニの数が減るわけではありません。毎日続けて洗顔の仕方などを気を付けていくことで、まつ毛ダニが生育しにくい環境を作っていくことにつながります。

治療のためにまつ毛ダニの生育しにくい環境を作っていくための工夫というのは、きれいなまつ毛を育てるためにも大切なことです。まつ毛の短いもしくは細いという点で悩んでいる方は、毎日の洗顔などの生活習慣に注意しましょう。1つずつのポイントを気を付けていくことで、まつ毛の状態を改善することにもつながります。最初は継続するのが大変なこともあるので、習慣化していくことが大切です。