• ホーム
  • 恐ろしいまつ毛ダニはなぜいるの?その原因を徹底解説します

恐ろしいまつ毛ダニはなぜいるの?その原因を徹底解説します

2020年04月12日

まつ毛ダニが増えてしまうと、まつ毛が途中で切れてしまうなどの問題点が生まれてしまうかもしれません。そのような状態になるのを防ぐために、まつ毛ダニが増える原因を把握しておきましょう。

恐ろしいというイメージを持っている方も多いまつ毛ダニですが、実は年齢を重ねると共にまつ毛にいる可能性は高くなっています。特に70歳以上だとまつ毛ダニがいる可能性のほうが高いのです。そのため問題はいるかどうかではなく、繁殖してしまったケースです。数が増えてしまうと、まつ毛が切れやすくなって短くなるなどさまざまな問題につながっていきます。実際にまつ毛ダニが繁殖する原因といっても、さまざまなものがあげられます。そのためどのような原因が考えられるのか1つずつ確認し、適切な形で対処できるようにしましょう。特に原因として多くあげられるのが、メイクに関する問題です。例えば目元を印象的にするために、濃いメイクを繰り返しているという方もいるかもしれません。毎日の濃いメイクは、まつ毛にとっても負担が大きくなるので注意が必要です。

毎日メイクをしているという方は、すっぴんでいる日を作るようにすることも大切です。目元の負担を減らす日を作っていくことによって、まつ毛ダニが繁殖しにくい環境を作れるかもしれません。またメイクの問題は、濃さだけではなく落とすときもまつ毛ダニに影響するので注意しましょう。1日の終わりのクレンジングで、メイクの汚れを十分に落とさないとどのような問題が生まれるでしょうか。まつ毛にメイクの成分が残ったまま寝てしまうと、目元への負担が大きくなってしまいます。しっかりとメイクの汚れを落とすことを意識することが大切です。

メイクの汚れをしっかりと落とすことが大切といっても、1つ注意しなければならない点があります。その注意点というのが、ゴシゴシと強くこすらないという点です。強くこすってしまったら、まつ毛にダメージを与えやすくなります。ダメージを与えないようにケアするというのも、まつ毛ダニの繁殖を防ぐためには必要です。

メイク以外にも、不必要に目元を触っているという方はまつ毛にダメージを与えやすくなってしまいます。まつ毛へのダメージを減らすことができれば、まつ毛ダニは繁殖しにくいのです。紫外線などのダメージも関係してくるので、日常生活におけるまつ毛への負担を最小限に抑えることが大切です。何気なく目元を触ってしまう方も多いので、意識して生活することも忘れないようにしましょう。